はじめての中央ヨーロッパ旅☆お土産編
a0076457_1445751.jpg
旅のお土産。
思い出や写真、まとってきたその国の空気。
それだけでもホントは十分なのだけれど、
かわいいものや美味しいものの誘惑は断ち切れず。
時間を見て、ついついちょこちょこと連れて帰ったものたち。
それらを見ながら、旅を振り返るのも、
また旅の一環なのかも。
ふっふっふ

ちょこっとだけ、そんな旅のお土産をご紹介。







*チェコ
a0076457_1410999.jpg
丁度イースターだったので。
たくさんのお店で見かけたイースターエッグ。
あまりの可愛さにいくつか連れて帰り、
少しお嫁にも出して。

→プラハ(旧市街広場マーケット)・チェスキー・クルムロフにて


a0076457_1421128.jpg
チェコはウェハースが有名。
ということで、一番人気のある温泉成分が入っているという、
OPAVIA>のウェハース(写真左)
チェコは温泉があって、ぬるーいお湯に浸かるんですって。
他にもウェハースの種類はほんとに豊富で、
スーパーにはたくさんのウェハースが並び目移りメウツリ。
パッケージのかわいいものをいくつか。

→プラハ(TESCO・休憩でよったスーパーにて)


a0076457_16143569.jpg
主人へのお土産はもちろん?ビール。
ホントは瓶にしたかったけれど、重さの都合で缶に。
写真一番左のが、一番好みでした。
って、お土産なのにしっかりわたしも半分もらっちゃった。アハハ

→プラハ(TESCOにて)


a0076457_14405479.jpg
何故かたくさんあったマトリョーシカのお店。
なんだか和のこけしのかおりがして、つい連れて帰ったコ。
いちばんちっさなコにヤラレマシタ(笑)

→プラハ(旧市街広場近くのお店にて)




*ハンガリー
a0076457_14433789.jpg
ハンガリーはパプリカと刺繍が有名らしく。
パプリカを使った料理<グヤーシュ>を作りたくて、
....いえ、パッケージに惹かれてついつい。
刺繍はもちろん手刺繍で、とっても素敵だった。
大作は予算的にキビシイので、ちいさなものを少し。

→ハンガリー(聖イシュトヴァーン大聖堂近くのお土産屋にて)




*ウィーン
a0076457_1452230.jpg
すあま!!
思わずそう叫んじゃった猫用のおやつパッケージ。
いたずらしそうな感じとか模様とか、我が家のすあまにそっくり。
食べるか分からないけれどついつい。
あんこさんにもカリカリを。
このふたつは2匹もとーっても喜んでくれ、
ジャーキーは一つあげた次の日に、
棚に隠しておいたのに探し当てられ、ぼろぼろに噛みちぎれられ、
全てなくなってました。
ソンナニキニイッタノカ......

→ウィーン(コンビニSPARにて)


a0076457_1552353.jpg
飲んだ珈琲がどれも美味しかったので、珈琲豆も。
カフェへは行かなかったけれど<Sacher(ザッハー)>の豆と、
パッケージに惹かれていろんなところで目にした、
女の子の横顔の珈琲豆を。
(この女の子、チェコのカフェでもウィーンでも見かけました)
それと、あまりの可愛さに、スティックシュガーも。

→ウィーン(ホテル近くのスーパーにて)
 (ザッハーの珈琲豆は街中の免税店にて)



a0076457_15233993.jpg
買うことはないな、と思っていたのだけれど。
ユーロが余ってしまい、
ついつい手をのばしてしまった、ザッハトルテ。
帰宅してから見てみたら、ちゃんとホテルザッハーのものだった(笑)
ただ、最初からお土産にと考えているのならば、
ザッハーのお店でゲットしておいた方がお安いらしい。

というわけで。
a0076457_15271997.jpg
ザッハーの珈琲豆を挽いてメランジェをいれ、
ザッハトルテとともに、ウィーン風のお茶タイム。
生クリームはなかったけれど、ま、いっか。
主人にウィーンの気分をお土産ってことで*
だけどやっぱりあまーいザッハトルテ。
お砂糖なしの生クリームが必要なのがワカリマス。
だけどちょこっとならば、味が深く濃厚で、
個人的にはデメルのものよりもこちらの方が好み。

→ウィーン(空港内のお店にて)

おみやげ編終わり
【はじめての中央ヨーロッパ旅*完】
vol.1から読む
[PR]
by mi-mian | 2010-05-29 15:43 | *中欧旅
<< はじめての中央ヨーロッパ旅☆目次 はじめての中央ヨーロッパ旅☆v... >>