あこがれの☆かき氷の器
a0076457_2016484.jpg
ついに、手に入れることができました。
長年あこがれつづけた、
『大正ガラスのかき氷の器(うつわ)』
乳白色がとっても美しいです☆

西荻窪にある骨董品店で、じっくり時間をかけて選びました。

*ひとつは、きれいに形が整っているもの。
*ひとつは、少し、いびつで気泡の入っているもの。


a0076457_2172945.jpgこのガラスは、
大正〜昭和初期にプレスで
大量生産されたものです。
そう、プレス(型押し)品なんです。
なのに、1個1個、微妙に違う。
今だったら考えられないですよね。
なので、本来『不良品』とされ、
世に出ることはないであろう、
いびつなものが、
愛らしく見えてしまって。
つい、ひとつ選んでしまいました☆



以前にも書きましたが、これ、さほど高額な器ではないのですが、
ずっとあこがれていたものなので簡単に手に入れてしまうのは、
違うような気がしていたんです。
なので、実はこれ、主人からの誕生日プレゼント。
(私の誕生日は夏なんですけどね、。ま、よしとしましょう(笑))
人からいただいたものならば、
さらに大切なものになるような気がして買っていただきました☆
ふふ。
どうもありがとう。

かき氷をいただくには寒い季節になってしまったので、
来年の誕生日に、この器でかき氷をいただきたいな☆
[PR]
by mi-mian | 2006-11-07 21:13 | *骨董のこと
<< 黒猫の☆カフェ 日光1日旅編☆インデックス2006秋 >>