長野の旅路☆vol.2
長野へ1泊で、スキー旅へ行って参りました。
1日目は予定変更で『木曽 奈良井宿』散歩。
ご一緒にお散歩しているような感じで見ていただけると
とってもうれしいです☆



*ちょっと怖い?二百地蔵

『こころ音』でお腹が満たされたところで、
散策に戻りましょう☆
歩いていると『二百地蔵』という看板を発見。
折角だから、見にいってみますか。
a0076457_9204067.jpg
うわー、でもかなりの階段....。
でも!折角だから!!
お腹いっぱいの体に鞭打って登りましょう(笑)
a0076457_9245311.jpg
ん?一番上の鳥居にたどり着く前に、手書きの立て札が。

『二百地蔵・杉並木→』

矢印の通り、右を向くと.....山?
しかも、杉?
私、花粉症なんですけれど........。

まあ、ここまできて戻るのもせつないので、
覚悟を決めて、進みましょうか、、。
と、拍子抜けするほど、あっという間に着きました!
『二百地蔵』
a0076457_9282414.jpg
.....思ったより、小さな感じ。
でも、なんだかちょっと怖い雰囲気が漂っているような、。
私は少し離れたところで、写真だけ(笑)
右の方に小さなお地蔵さまがいっぱいならんでいるの、見えますか?
祠の中にも小さなお地蔵さまがたくさんあったそうです。
どうやら、旅の途中で亡くなった無縁仏さまを弔っているようです。
昔の旅は命がけだったのですね。
ちょっぴり、しんみり。


*いつまでもいたい☆こでまり

しんみり気分になってしまいましたが、
さあ、行きがけにチェックしていたカフェで珈琲をいただきましょう☆
a0076457_9383021.jpg
うふふ、すごく良さそうな雰囲気でしょう?
特に、外から見える、二階が気になってしまって。
手づくり漆器と菓子喫茶・こでまり
さ、扉を開けて、中へ。
a0076457_9452756.jpg
おお〜、なんと暖炉に火が赤々と燃えています♪
ショーケースの中のお菓子も美味しそう。
1階は2テーブルしかなく、広々。
でも!ここは気になっている2階へ参りましょう!
a0076457_9474675.jpg
階段を上って...やっぱり想像通り!
屋根裏部屋のような、こじんまりとしたスペース。
窓から見える景色は、江戸時代に来てしまったかのよう。
a0076457_9552112.jpg
私はこでまりブレンド、主人はビターブレンドを注文。
ここの珈琲はどちらもさっぱり味。
お蕎麦の後には丁度いいお味ですね。
お菓子も頼みたかったんですが、お腹に余裕がなく断念..。くすん。
ああ、いつまでも、ここにいたいなあ〜。


*圧巻☆木曽の大橋

さて、重い腰をなんとか上げて、向かったのは『木曽の大橋
新しい橋ですが、樹齢300年を超える檜を使ったこの橋。
見応えがあります!
a0076457_1084922.jpg
橋の裏側の木の組みが美しいこと!
これは渡っておかなくては☆
よいしょ、よいしょ。
あれ?主人が何か云ってます。

「ここ、冬場は凍結して危ないから渡るな!って書いてあるよ!」

あ、本当だ。ま、いっか。凍ってなかったし(笑)


vol.2終わり
vol.3へつづく...

[PR]
by mi-mian | 2007-02-28 10:17 | *長野旅
<< 長野の旅路☆vol.3 長野の旅路☆vol.1 >>