みちのく岩手旅☆vol.12
岩手旅へ行って参りました。
久しぶりに、ちょっと長い、といっても、3泊4日の旅(笑)
ご一緒に、旅しているような気分で見ていただけると、
もしくは、旅のご参考になれば、うれしいです☆



*七つ森工房の☆佐々木さん*
4日目

ずっと気になっている場所があるのです。
でも、今日、営業してるかどうか、分からない。
主人が、営業してるか聞くため、電話してみる。

「大丈夫、やってるって!なんだかすごくいい人っぽいから、
 絶対に行ってみよう!」

そう?じゃ、気兼ねなく(笑)
其処は、雫石の小岩井農場にほど近い場所。
戻る形になるので、どうしようかな〜って思ってたんだけど☆
またまた、雫石へ向かってGO!

あれ?ないなあ。。
お話によると、目印は、線路の横にある、サイロ形の鉄塔。
ん??あの、線路の向こうにあるお家、あれじゃない?
疑う主人をよそに、線路にかかる、
たぶん、サイロの形をした、歩道橋のようなものを渡ると........
a0076457_8485721.jpg




ほら!!鉄釜みたいなのが並んでる!!
絶対、ここだ〜〜♪
みると、2日目の、カエルびょこびょこ事件の際、
迷い込んでしまった、行き止まりの場所。
おお〜、ここでしたか。
でも、一見、ごく普通のお家。看板も、なし。
玄関に向かって、

「こんにちはあ〜〜!」

すると、中から、おじさんがひょっこりと。
さっき電話したものだと告げると、玄関横にある、
縁側のような場所の窓をがらがらと開けてくれる。
おお〜、並んでますよ♪鉄瓶が。

さて、ここが何処かというと、
『佐々木健太郎』さんという鋳物作家さんの工房。
はい、私たちは、鉄瓶を見に来たのだ☆
縁側の所から、中に上がり、見せていただきましょう。
ああ、なんだか素敵なものがいっぱい。
ところで、これって、今日、持ち帰れますか?

「あ、最近、なんだか忙しくて、注文をたくさんいただいちゃって....
 あ、これと、これと、これならば、大丈夫」

あ、良かった、悩んでいるのがみんな入ってる。
佐々木さんは、ちょっとシャイな方の様子。
でも、お話しているうちに、作品が載った雑誌のことや、
こんな賞をいただいちゃったのだと、うれしそうに話してくれる。
そのうち、自分が愛用している鉄瓶も持ってきてくれた☆

a0076457_964192.jpg
お〜、かっこ良く育ってる。

「最近の方は、きれい好きだから、中を磨いちゃうみたいなんだけど、
 中は絶対に、少し錆が出ても、触っちゃ駄目なんです。
 そしてね、使っていくうちに、やっぱりこうやって
 外側は焼けたようになります」

焼けがまた、かっこいい姿を演出してるのねー。

「鉄瓶はね、重いのがいいって人もいるけど、
 でもやっぱり毎日使うものだから、
 ある程度、使いやすい重さがいいって思うんですよ」

佐々木さんの作品は、無駄がなく、シンプルなフォルムの鉄瓶。
ここのものは、どんなテイストのキッチンでも似合いそう☆
そして何より、1点1点、同じものでも『違う』のが魅力。
さんざん、悩み、はじめに一目惚れしたものは諦め、
<使いやすさ!>に重点を置いて、選んだのは.......
a0076457_920980.jpg
はあ、美しい。
これは、なんと、IHにも対応してるんですって!
(うちは、ガスなんですが・笑)
この把手の、上の方を持つと、重さが軽減される仕組みの鉄瓶。
持ってみると、確かに。
絶対に使いやすそう。

「この把手の部分の形がね、手で曲げてるから、
 みんな違くなっちゃう。雑誌にも載ったので、注文くれた方が、
 見た雑誌にあう形にね、また調整しなくっちゃだめなんだけど」

確かに、3つあった、この鉄瓶。
把手の形がみんな違ってました(笑)
私は、まあるい感じのもを☆
そういえば、これ、お値段ついてない......
どきどき................おいくらなんですか?

「これは、本当はこの値段。
 るるぶに載ったんですけどね、それは間違い。
 5000円、高く載ってる。
 今日は、わざわざ来てくれたし、ちょっとだけお引きしてね、これで」

実直な方だなあ。
高く載ってたって、言わなければわからないのに。
絶対、大切に毎日使います!!
家の前までお見送りにでてくれた佐々木さん。

「ここ、昔は踏切でね、電車が通るたび、私が手で、
 踏み切りを閉めたりしてたんです」

へえ〜。

「この線路ね、今は、新幹線も通るんだけど、こうやって
 手をあげるとね、止まってくれるんです」

え?ちょっとまて、それはうそでしょう。

「っていうとね、信じちゃう人がいてね(笑)
 でも、そうやって騙すことは真剣にやる」

.........シャイだけど、佐々木さんって、
かなり、お茶目な方だったのね。
え?ちょっとまって。
今までの話にも『騙し』が入ってたりしないよね?(笑)


★工房の情報★

■七つ森工房(佐々木健太郎さんの工房)
岩手県雫石町沼返60-48
TEL.019・692・5080
OPEN/不定
定休日/不定
★MAPはこちら(だいたいこの辺!)
佐々木さんの作品には『しずくいギャラリー』でも
お目にかかれるようです☆



vol.12終わり
vol.13へつづく......

[PR]
by mi-mian | 2007-10-27 10:10 | *岩手旅
<< みちのく岩手旅☆vol.13 みちのく岩手旅☆vol.11 >>