鬼灯の☆灯
a0076457_2141185.jpg
ほおずきのことを、こう書く。
オニノアカリ<鬼灯>
その漢字をはじめて知った時、
ああ、
夏の夜の、鬼など妖したちの提灯なのね。
そう思い、妙に納得した。
日本の漢字って、想像する余裕があって、好き。







夏に、オレンジに色付くほおずき。
まるで紅葉みたいだけれど、秋ではなく、夏。
枝にぶら下がる様子は、まさに、夏の提灯。
ゆらり、手にぶら下げ、暗い夜道を歩いたら、
ぽおっと、オレンジの光を灯してくれそう。

8月のカレンダーは、そんな鬼灯を2つ。
といっても、ひとつは、食べられる鬼灯。
白あんを、お餅でくるんだ柴又<高木屋>さんの和菓子。
和菓子を見ると、ああ、日本には四季があるのね。
そう改めて思う。
a0076457_222897.jpg
名前に灯を持つ、美味しい、ほおずき、
ほわりとした本物の灯を灯す、蛍とともに召し上がれ☆
[PR]
by mi-mian | 2008-08-01 22:19 | *うれしいカレンダー
<< 猫看板の☆カフェ*軽井沢旅vol.1 文字の☆妙 >>