小さな頃の☆手作り品
a0076457_933582.jpg
小学生の時にあった、夏休みの自由課題。
何年の時だったか、これを作った。
赤いニスで仕上げた、状差し。
糸鋸使い、カーブをつけて。
ヤスリをかけて、ニスを3度塗りして。
作っている時の楽しい気持は、今でも覚えてる。
当時、木工の自由課題を持って来た女の子は、
わたしの他にだれ〜もいなかったけど(笑)







小さい頃は、御裁縫よりも、木工が大好きで。
幼稚園の頃の誕生日には<おこさま大工道具セット>を
買ってもらい、木切れで何かを作ってた。

中学になると、<技術=男子><家庭科=女子>に
別れてしまうのがとっても悔しかった。
うー、針よりも、電動鋸を使いたい!って(笑)
なんで、選択にしてくれないのかなあ?って。
今はどうなんだろう?

わくわくしながら作った、この赤い状差しは、勿論今でも現役。
DM、もらったフライヤー、手紙、かわいい袋...........
いろんなものをぽんっと入れて。
a0076457_949517.jpg
小学生の頃の美術の課題。
レリーフを施した木のケース。
彫るものは自由だったので、モンマルトルの街を。
写真とにらめっこしながら、せっせと彫った。
みんなは、かわいい動物や、キャラクターを彫っていたのに(笑)
今見ると、全く分からなかったフランス語も
しっかりと彫ってあるのが、ちょっと笑える。
(って、これ、スペルあってます???)
こちらも、勿論、今だって現役。

好きなものって変化してゆくけれど、
それでも、根っこのところは意外と小さな頃から
変わらないものなのかもしれないな。
ふふふ、それってちょっとうれしいことかも。

小学生だったわたしへ。

「これ、作ってくれてありがとね、大切に使ってます」
[PR]
by mi-mian | 2008-09-16 10:04 | *うれしい物
<< 台所の☆棚 下町の☆猫たち >>