わびさびの☆美
a0076457_11401178.jpg
今年もお裾分けをいただいた。
立派な椿の木から。
そのたもとにぽとりと落ちた、お花を少し。
そっと包んで大切に持ち帰り、
お皿にお水をはって、ふわりと浮かべる。
欲張りなわたしは、少しでも長く楽しみたいから、
その姿をカメラでパチリと、写真に収め、
3月のカレンダーの主役に。
さあ、椿とともに、3月のはじまりです。







a0076457_11503061.jpg
ドキっと、思わず心を奪われ、惹きこまれてしまう。
花びらは痛み、朽ちつつあるのに、なんなんだろう?
この美しさと、気高さは。
小さな緑が育っているそばで、凛とした佇まい。
土に帰る仲間の葉を従えて。
a0076457_1243529.jpg
紅と白のこの2つの椿。
まるで、自ら最後の舞台を選んだかのよう。
一番輝いて見える場所に、ぽとりと落ちたんじゃ?
そう思ってしまうくらい、周りの演出も見事。

この様子が美しいと感じるのは、
わたしの中にある、日本人の侘び寂びの心のせい?
同じように、これを美しいと感じてくれる人がいるといいなあ。
ふふふ


*このカレンダー、よかったらご自由にお使いください☆
 ただし、商用でのご使用は、固くお断りいたします。

[PR]
by mi-mian | 2009-03-01 12:24 | *うれしいカレンダー
<< ちいさな☆お雛さん ホルンの☆画材 >>