カテゴリ:*本のこと( 5 )
本の☆魔法
a0076457_13284815.jpg
最初に主人に頼んだ安静グッズ。
2011年本屋大賞3位。
森見登美彦さんの〈ペンギンハイウェイ〉
この作家さんの本は、色々読んでいるけれど、
普通の世界と思って読み進めていると、
あれ?っと、気がついた時には、
すでに不思議な世界へ。
この本はまだ1/3しか読んでいないけど、
またまた不思議な世界へ連れていかれてる。
日常のようでいて、何かがオカシイ。
でも案外、ほんとの日常にも、
沢山の不思議が潜んでいるに、チガイナイ。
耳を済まして目を凝らして。
不思議を発見出来たら、
ふふふ、すごく楽しそう。

more
[PR]
by mi-mian | 2011-04-23 12:56 | *本のこと
サンヨー子☆さん
a0076457_1039497.jpg
読書をしっかりとする気分ではないけれど、
何か、本のページをめくりたい時、
図書館へ行って、写真の多い本を借りてきます。
今回はこれ。
平凡社の『昭和モダンな器たち』

家に帰り、ページをめくっていると、発見しちゃいました☆
『サンヨー子さん』
a0076457_10544182.jpg
逸見三陽堂(現・株式会社サンヨー堂)さんの缶詰の広告。

『サンヨー子さんは、サンヨー堂のキャラクター』
なんだそうです(笑)
ピクニック缶詰っていうコピーもナイスですよね!

a0076457_10551534.jpg
海にも山にも缶詰なんですね〜☆
今のように手でカパッと開けられなかったので、
きっと「缶切りを忘れて食べられない〜〜!」
なんてこともあったにチガイナイ(笑)
その前に、本当にこんな光景が繰り広げられていたんでしょうか?
昭和の初期〜中期に。どきどき。

海には、バスケットに缶詰を入れて持っていく『サンヨー子』さん。
そんなあなたに出会うことが出来てよかったです☆

昔の広告って、今見ると本当に新鮮で
なんだかほのぼのした空気感があって大好きです。
[PR]
by mi-mian | 2006-12-15 11:08 | *本のこと
海月書林☆
a0076457_913667.jpg

古本の表紙を眺めるのが好きで。
ネットで見つけた『海月書林』のHPはついついチェックしてしまいます。

くらげ』を漢字にすると、
水月』または『 海母
私は「海に浮かぶ月のよう」と表現する
『海月』の方が気に入っていて、
『海月書林』にはなんだか親しみを感じていました。

先日『京都レトロタウンめぐり』の特集に惹かれて
久しぶりに雑誌『MOE』を購入しました。
その中に『海月書林』の名前を発見!
荻窪にあるカフェギャラリー『ひなぎく』と『海月書林』が
一緒になって、古本カフェとしてリニューアルOPENしたのだとか。

なんだかご縁があるような気がするので☆
是非、今度行ってみたいなあと思っています。
[PR]
by mi-mian | 2006-09-13 09:48 | *本のこと
ホット☆ドリンク
a0076457_15173.jpg

また、装丁買いをしてしまいました☆
その名も『世界のホットドリンク』
表紙の裏は焦茶色で、金色の遊び紙が入ってます。
配色がまるでチョコレート☆
確かにホットドリンクでチョコレートを使用してるのって多いですもんね。
世界各国のホットドリンクのレシピが載っている本です。


a0076457_1534665.jpg


写真をみて「なんだ?コレ?」と思ったのが、
メキシコの『モカ・カリエンテ・ジャバネサ』
珈琲にココアを注ぎ、
マシュマロを大量に浮かべたもの。
カフェモカのルーツといわれているんですって。
知らなかったです。






涼しくなったころ、作ってみたいなあと思います。
[PR]
by mi-mian | 2006-07-23 15:11 | *本のこと
装丁☆買い
本の装丁って大好きです。
好みの装丁を見つけるとすごく嬉しくなります。

以前、本屋さんで装丁に惚れて購入したのが
梨木香歩さんの『家守綺譚』でした。
表紙を開いた裏の白鷺の絵にやられました。
もう、ノックアウト状態です(笑)
日記のように短い物語が続いてゆく形で進む話も
不思議な雰囲気でお気に入りの1冊となりました。
a0076457_225539.jpg

それよりも前に本屋さんでずっと気になっていたのに読んでいなかった本、
やはり、梨木香歩さんの『西の魔女が死んだ』
少し前にやっと購入し、今日読み終わったところです。
テーマは、死やいじめ、主人公の心の成長と、
決して楽しい、軽いものではないのに、
とても深く優しい、それでいて甘過ぎないお話でした。

文章が気に入ると、同じ作者の作品をいろいろ読んでみるのですが、
4冊(他に『からりからくさ』『りかさん』)読んだ時点で、
この人の話はかなり好きです☆
梨木香歩さんの話は、会話の言葉遣いがとても丁寧で、
そのせいか、どんな話でも少し不思議な雰囲気がします。
その世界観がとても心地良く、心にすっと入ってくるので、
いつの間にか、物語に夢中になっています。

装丁が素敵な本は持っているだけで幸せな気分になり、
さらに話が素敵なものだったら、『やったあ!』と
叫びたくなってしまいます(笑)

装丁買いで、次はどんな作者と出会えるでしょうか♪
[PR]
by mi-mian | 2006-06-27 22:13 | *本のこと