<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
梅雨の京都旅☆vol.5
2007年6月21日〜23日に、再び京都へ行って参りした。
しばらく旅記にお付き合いくださいませ。
ご一緒に旅をしているように見ていただけると、
また、京都旅のご参考になれば、とってもうれしいです☆



*雨の日は☆永観堂その1*
南禅寺の三門を後にし、次に目指すは『永観堂
紅葉が有名で、秋には人でいっぱいになるここ。
拝観は、全て廊下でつながっているため、
雨の日の京都観光にも、もってこいの場所と、
何かで読んだので行ってみましょう!
a0076457_9333142.jpg
流石に、シーズンオフ。
そしてこの土砂降りなので、人もまばら。
右の写真で、土砂降り加減、分かります?
拝観料600円を支払い、中へ。
(ちなみに紅葉時期は倍くらいのお値段になります!)
a0076457_937356.jpg
誰もいない。。
雨の音が、響くだけの静かな永観堂。
とってもいい感じです。
とりあえず、永観堂の映像が流れる部屋で、のんびり。
しばらくすると、

「ん?もしや、修学旅行?」

という一団が、、。ああ、煩くなるかなあ。。
と思ったら、何やら、お年がかさんでる(笑)
なんと、タクシーの運転手さんの一団でした!
住職さんの説明を熱心に聞いています。
そうか、タクシーの運転手さんって、こうやって勉強するのね。
でも、流石、シーブンオフな光景(笑)
しばし、私たちも、ご住職の話に、耳を傾けましょう。

*****永観堂七不思議のひとつ、抜け雀です。
この欄間には、中央の間に燕が10羽、左右の間に雀が10羽書かれていました。
しかし、いつの間にか、右の間の雀が1羽、消えていました。
あまりも良い出来映えだったため、本物のように、
飛び立ってしまったのか?
または、極楽の飾りは古来29種とされています。
その数字にあわすために、1羽の雀が遠慮して抜け出たのか?
また、俗説では、この欄間の裏には、何故か鼠が描かれています。
もしかしたら、この鼠と化したのだろうか?
ただ、何故か鼠は2匹描かれています。
どうして2匹なのかは、謎のままです。

そんな風にご説明いただければ。(お客さまに?)

これが、永観堂七不思議のうちのひとつです*****


一団が歩き去った後、さっそくチェック!
a0076457_9521097.jpg
この欄間をじっと見ると.....
a0076457_9524545.jpg
ほんとだー!燕、雀、裏には見えづらかったですが、鼠が!
よく見れば、柱にちゃんと説明書きがありました(笑)
でも、こんなことがなければ、素通りだったかも。
ちょっと得した気分です☆

そして、また、しばらくのんびりな私たち。
うかつでしたが、私たちの七不思議チェックは、ここで終了となりました。
(運転手さんご一行と離れてしまったので....)
次訪れる時には、七つ、全てチェックが目標!かな☆


vol.5*終わり
vol.6(その2)につづく....

[PR]
by mi-mian | 2007-06-30 10:03 | *京都旅
梅雨の京都旅☆vol.4
2007年6月21日〜23日に、再び京都へ行って参りした。
しばらく旅記にお付き合いくださいませ。
ご一緒に旅をしているように見ていただけると、
また、京都旅のご参考になれば、とってもうれしいです☆



*旅の拠点は☆京都ロイヤルホテル&スパ
最近は、いつもここ。
いつも行く場所が、徒歩圏内なのがうれしいんです。
そして、ツアーを使うので、お安く、ね(笑)
今回、シーズンオフだったせいか、
チェックインの際、ホテルの方が

「よろしければ、2500円プラスでスイートルームをご用意できますが」

スイート.........。泊まったことないかも......。
..........でもねえ、姉妹で泊まってもねえ(笑)
丁重にお断りしましが、もったいなかったかな?



*土砂降りの☆南禅寺
2日目の朝。
窓を開けると、どしゃーーーっと雨が。。
ああそうか、梅雨ですもんね。仕方ない。
何処に行こうか悩んだ末に、とりあえず地下鉄東西線で『蹴上』駅へ。
a0076457_2033796.jpg
インクラインを潜ると、いい雰囲気。
ここは、もうお寺の中なんだろうか?というくらい、
喧騒とかけ離れた感じの道。
ただ、土砂降りじゃなかったらよかったのになあ.....。
水たまりを避けながら、しばらく道なりに進むと......
着きました!『南禅寺』の『三門』
大きな門の下にて、ちょっと休憩。
大雨なのに、雨晴れ兼用傘しかない私たち。
洋服はすっかりびっしょり。あーあ。スカート絞れそう(笑)
でも!緑は雨を得て、輝いていますよ〜。
a0076457_20385737.jpg
夏でも赤い紅葉(?)と緑のコントラストが美しい。
すーーーーーーはーーーーーーー。
深呼吸すると、雨と緑の匂い。
雨のお寺もなかなか。
ただ、もう少し、小降りだったらなあ......。
a0076457_20531642.jpg
でも、せっかく来たので、奥にある『水路閣』まで行きましょう。
れんが造りのアーチが美しい。
なんだかここは、雨が似合うかも。
ただ..............いや、もう云うまい(笑)
さてさて、そろそろ飽きてきたかな〜?妹は。
では、次へと向かいましょうか。


vol.4*終わり
vol.5につづく....


雨を待ちわびていた生物も.....
[PR]
by mi-mian | 2007-06-28 21:15 | *京都旅
梅雨の京都旅☆vol.3
2007年6月21日〜23日に、再び京都へ行って参りした。
しばらく旅記にお付き合いくださいませ。
ご一緒に旅をしているように見ていただけると、
また、京都旅のご参考になれば、とってもうれしいです☆



*タルトが美味な☆cafe´ bibliotic Hello!
a0076457_1858027.jpg
前回の京都旅でも訪れましたが、今回も休憩に立ち寄りました☆
何がお目当てって、それは『季節のフルーツタルト』♪
さっくりとしたタルト生地に甘過ぎない生クリーム、
注文を受けてから切って盛るのであろう、
季節のフルーツがたくさんのった、タルト☆
ふっふっふ。
前回は桃にしましたが、今回は何があるかな〜?

「苺、メロン、マンゴーになります」

うーーー、どれにしよう?よし!
a0076457_18574672.jpg
私はメロン、妹はマンゴー。
少しずつ交換して、ぱくっ!
.........美味しい!!
桃好きとしては、一番はやっぱり桃ですが、このふたつもなかなか。

2階席は、前回訪れた時と、少し、レイアウトが変わっていました。
奥のとっても寛げるソファー席にどかりと座り、のんびり。
こういうカフェは、旅の際、ありがたい休憩スポットです☆



*素敵な骨董店☆ANTIQUE bell
さて、休憩をしっかりとり終わり、再びお店巡りへGO!

a0076457_198332.jpg今回、妹が一緒のため、
骨董店はさらりと流したのですが、
ここだけは、時間をかけました。
姉小路通にある『ANTIQUE bell
店内は、和骨董だけでなく、
ちょっぴり洋風なものも。
一点一点、いつの時代のものなのか、
丁寧に説明してくれる店主さんが好印象。
押し付けがましくなく、本当に、
お店にあるものたちに愛情を
持っているんだなあと、
訪れる度に感じます。
たとえ、安価なものであっても、


「同じお皿でも、ひとつひとつ違うので、ゆっくり選んで下さいね」
と、おっしゃる気さくな店主さん☆
居心地のいいお店です。
今回は、この明治時代のお皿を購入。
お値段は、普段にがんがん気兼ねなく使えるくらい。
仕舞い込まず、大切に使ってゆこう☆



*フレンチディナー☆Le Milieu(ル・ミリュー)
程よく、そろそろ夕飯時。
せっかく妹と来たのだから、乾杯でもしましょうか。
ワイン気分だったので、今回も『Le Milieu(ル・ミリュー)』へ。
a0076457_19231381.jpg
四条通をちょっと入った、細い路地にあるここ。
この日はオープンスタイルになっていて、ちょっと暑いけど、
旅の夜〜☆な演出には最高です。
さて、いつもはコースにするんですが、今回はワインをメインに単品で!
a0076457_19254624.jpg
羊のロースト、前菜の盛り合わせ。
.........この前菜、1人前1600円で、この量。。
ハモンセラーノ、豚肉のパテ、自家製ハム、サラミ、牛タンと豚足のゼリーよせ。
これ、メインにしても十分だったかも.....。

「ゼリーよせにつけて食べて下さい」と云われた、
『ラビゴットソース』が、めちゃくちゃ美味しい!!
フレンチドレッシングに、野菜の刻んだものを入れるソースだとか。
女性シェフ=店長さんが、お店によって微妙に違うんですよと、
作り方も丁寧に教えてくれたのだけど、
このソースの味は、ここでしか、出せません。きっと。
ここのは、少しだけ、お醤油が入っているのだとか。
だから、日本人である、私と妹の舌に、ビビビっときたのかな?(笑)

本日のお肉料理、羊のローストも、本当に美味しく、ぺろり。
野菜が欲しいところですが、これに手作りパンを食べたら、
もう、満腹。満足。サラダですら、食べられません、。
のんびりワインを飲みながら、幸せなディナーとなりました☆


vol.3*終わり
vol.4につづく....

[PR]
by mi-mian | 2007-06-27 19:44 | *京都旅
梅雨の京都旅☆vol.2
2007年6月21日〜23日に、再び京都へ行って参りした。
しばらく旅記にお付き合いくださいませ。
ご一緒に旅をしているように見ていただけると、
また、京都旅のご参考になれば、とってもうれしいです☆



*京の豆腐料理☆豆水楼
東寺を後にし、さあ、お昼の時間。
毎回、京都で楽しみにしているお店があるんです。
それが、豆腐料理専門の『豆水楼(木屋町本店)』
数年前、高瀬川沿いを歩いていて、素敵な看板に惹かれ、
入ってみて以来、すっかりファンに。
a0076457_16172831.jpg
ね?素敵な雰囲気でしょう?
そして、お昼は、ランチのみのメニュー『町家膳』(2205円)がおすすめ!
ボリュームは、男性には物足りないかもしれませんが、
ひとつひとつ、工夫を凝らした器に入って出てくる豆腐料理は、
とても贅沢な気分が味わえます。
a0076457_16225120.jpg
冷たいお豆腐は、氷で冷やされ、
くみ上げ湯葉のお刺身の下にも氷が。
あ〜〜、やっぱり美味しい、そして美しい。。
カウンターも広々で、足を下に降ろせるのもうれしいところ。
寛げるカウンターがあるので、
一人で食べに来ている方を、割と見かけるのも納得。
a0076457_16283950.jpg
妹と生ビール(おい!)のグラスを傾けつつ、
美味しい豆腐料理に舌鼓☆
〆は、しらすのお茶漬けとお漬け物。
これがまた、美味しい!大きめのしらすがたまりません。
デザートは、豆乳とショウガのシャーベット。
最後にぴりっとするショウガの味が、意外に合う☆
季節によって、内容が変わる町家膳、
今回も、本当に大満足☆☆☆

この時期は夜、川床もやっていて、食べ終わってから、
準備の終わったところを、店長さんに見せていただきました。
風が気持ちいい!!

「並んだところ、お写真撮りますよ!」

店長さんのお申し出に、
え〜、ちょっと照れくさいけど...せっかくなので、じゃあ!
ぱちり。
どうもありがとうございました☆
ああ、いつか川床、体験したいな〜。



*お茶はやっぱり☆一保堂
お腹も満足したところで、一度、ホテルにチェックイン!
弘法さんの収穫を置いてから、寺町通界隈へ散策に出かけましょう。
骨董店が並ぶこの界隈。
じっくり見だしたら長いので、今回は、さらりと流します。
ほどなく、買い物予定のあるお店『一保堂』に到着☆
享保年間(1717年)創業の、老舗日本茶専門店で、
全国のデパートにも入ってます。
が、やっぱり本店の暖簾をくぐって買いたいもの。
a0076457_16551955.jpg
少し前に改装された店内は、老舗の雰囲気そのままに、
喫茶『嘉木(かぼく)』部分が奇麗になってました。
お茶のおいしい入れ方を丁寧に教えてくれる喫茶は
お値段も優しく、いい感じなのです☆
でも、今回は、喫茶は利用せず、お土産&自宅用のお茶を。

「お土産にお茶?」

そう、だってね、和紙で包装してくれ、茶さじもつけてくれるんです♪
自宅用は、そのままにしてもらいますが、
お土産にはもってこいなんですよ〜。
お茶のお味は、もちろん旨い!です(笑)


vol.2*終わり
vol.3につづく....

[PR]
by mi-mian | 2007-06-26 17:19 | *京都旅
梅雨の京都旅☆vol.1
2007年6月21日〜23日に、再び京都へ行って参りした。
しばらく旅記にお付き合いくださいませ。
ご一緒に旅をしているように見ていただけると、
また、京都旅のご参考になれば、とってもうれしいです☆



*旅のはじめは波乱の予感?*
毎回、京都へ一緒に旅をする気のおけない友人がいます。
その友人、今回、なんと前日に体調を壊してしまい、
涙の棄権。ああ、なんてせつない.....。
とにかく、早く良くなってね!
一人旅を決意!したのですが、旅費がもったいない、。
そこで妹に声をかけ、一緒に行ってきました!
趣味の違う妹と、初の姉妹2泊3日旅。
さて、どうなりますことやら......。


*初めての弘法市
今回のメインは、東寺で毎月21日に行われる、弘法市こと『弘法さん』
天神さん』は行ったことがあるのですが、こちらははじめて。
京都駅にて、荷物をホテルまで運んでくれるデリバリーサービスに預け、
身軽になったところで、近鉄京都線にていざ、東寺へ。
a0076457_1565541.jpg
梅雨なのに、とてもいいお天気で、人出も多く、
お寺の門をくぐると、気温の高さも加わりすごい熱気!
とりあえず、はじっこから見てみましょう。
天神さんに比べ、骨董よりも、
野菜、服、手作り小物、お菓子、食べ物などのお店が多い印象。
骨董市は、はじめての妹。
ちょっと心配だったのですが、ゆかた帯が欲しいとのこと。
私は、和皿&中鉢がお目当てなので、
そんな雰囲気のお店を中心にチェックチェック!
暑〜い中、座り込んだり、かき分けたり(笑)しながら物色。
ぐったりと疲れてきた頃、いいお店を発見!
a0076457_15214798.jpg
『創作京菓子 長芳堂』さん。
以前、天神さんで、いただいたことがあるんですが、
わらび餅がとっても美味しいんです☆
暑い日の市は、休憩も大切!
つめたく冷やされたわらび餅は1カップ200円。
しかも、つめたーいお茶がサービスでつきます。
後ろに置かれた長椅子で、パクリ、ゴクリ。
ほぅ、ああ、癒される。

さて、ひと休みしたら、また物色!
そして得たものは...........
a0076457_15325836.jpg
あれ?私、

「着物類は手を出さない!」

って決めていたのに......
妹につられ、浴衣3着(おいおい)と、帯をついつい(苦笑)
和皿も3枚購入。
でも、これで、しめて2500円くらいのお買い物。
骨董市ってすばらしい☆
やみくもに値切るのは、ちょっとマナー違反な気がしますが、
少し高いかな?と思ったら、とりあえず、

「気持ちおまけしてもらえませんか?」

と聞いてみると、うれしい結果になることも、ありです♪
そういうやり取りも、市の楽しみのひとつかも☆

妹も、お目当てのものをしっかりゲットできた様子で、
初めての弘法市、満足なものとなりました。
よかった、よかった。


vol.1*終わり
vol.2につづく.....

[PR]
by mi-mian | 2007-06-25 16:28 | *京都旅
ぎゅーぎゅーの☆巣
a0076457_2058036.jpg
せ、せまそう(笑)
ぎゅーぎゅーにつまって、おしくらまんじゅう。
そろそろ巣立ちの季節かな。
鳥のひなって、ほんとにかわいい。
手のひらにふわっとくるみたい欲求にかられます。
野生の鳥だから、駄目ですけどね。

元気に飛び立って行ってほしいなあ。
この燕たち。

さて、私、
燕より一足先に、明日よりちょっと旅へ出てきます☆
ブログは少しの間、お休みです。
[PR]
by mi-mian | 2007-06-20 21:12 | *うれしいお散歩
野良の☆おなか
a0076457_10131488.jpg
水元公園にも、猫がいました。
またあ〜?って云われそうだけど(笑)
でもね、ここの野良さんはひと味違ってました。
人が多く集まるここの野良猫さんは、やっぱり人馴れしてる。

あ!猫だーーと、近付いていくと、
向こうからも寄ってきて、私の足にすりすり。
主人が近付いて座ると、おもむろに、膝の上に手をのばし、

「あらまあ、膝に乗るんだあ」

って思っていたら、なんと!
『ばぁりばぁり』と、デニムで爪とぎ!!
あまりの出来事に、ふたりで大笑い。
a0076457_1017444.jpg
生憎、ごはんは持っていないなあ。
じゃあ、代わりに遊び相手になるか!と、主人が木切れを持って、
くるくるっと振り回すと、気持ちいい位に飛びついてきました。
バターになっちゃうよ?ってくらい、ぐるぐる回る(笑)
グルグルグルグル。。。

ごろんと横になっても、目で木切れを追う野良さん。
a0076457_10213516.jpg
それにしても..........
野良猫が、こんなに簡単におなかを見せてもいいものだろうか?
おまいさん、無防備すぎやしませんか?
a0076457_10275386.jpg
ごろごろごろんと、一回転。
このおなかの具合、体格を見ると、
ごはんはどこかでしっかりもらってる様子。
行き過ぎる人々がちらちらとこちらを見てるけど、
きっと、野良猫だとは、思っていないにチガイナイ。
あまりによく遊ぶので(笑)

ひとしきり遊んで、野良さんが飽きて、
涼しい処で、ごろりんとなったところで
お別れを。

「バイバイ。元気でね!」
「また来いにゃー」
と、云ってくれたかどうかは、分からない(笑)

でも、会えてうれしかったよ☆
[PR]
by mi-mian | 2007-06-19 10:43 | *猫のこと
昔懐かし☆かき氷
a0076457_22225573.jpg
これなんです!
「何が?」って、かき氷のこと。
露天のかき氷は、こういう『かき氷機』でなくっちゃ☆

この、懐かしい、手で回すかき氷機で作るかき氷は、
ふわりとした、口に入れると、
『しゅわっ』と解けるようなかき氷。
それが、すごく好きなんです。

今は、口に入れると『ジャリっ』という氷の固まりの
かき氷が多くて....。
なので、見つけたら、もちろん、すぐにゲット!
今年初のかき氷は、イチゴ味☆
「俺はいらない」といっていた主人も、
ばくばくと食べています。........ふたつ買うんだった。。

ところで、ここは葛飾の水元公園。
何をしにきたのかというと、菖蒲を見に来たんです。
来てみると、丁度、菖蒲祭り&陶器市をやっていて、
露天がたくさん軒を連ねていました。
で、早々にかき氷に捕まってしまったという訳(笑)
a0076457_22312481.jpg
勿論、菖蒲もしっかり見学☆
やや、満開時期は過ぎていたものの、なかなかのもの。
カメラを構えた人々や、写生をする人々で賑わっています。
この公園、じつは、小さな時から何度も来ている場所。
まだ小さかった、我が家の猫、あんこをつれて来たこともあります。
たくさんの鳩をすごく怖がってたっけ(笑)
ネコノクセニ。
緑豊かで、のほほーんとした風景が広がっています。
a0076457_22332169.jpg
ザリガニをのんびりと釣る人がたくさん。
自転車カゴの中のバケツには、釣れたザリガニ。
うふふ、小さな頃、私も釣ったことがあったっけ。
昔と変わらぬ光景が、ここにはあるんだなあ。
a0076457_22413338.jpg
菖蒲に負じと、紫陽花も奇麗に咲いています。
紫陽花のブルーは、本当に美しい。
a0076457_22422675.jpg
薄いピンクも、もちろんキレイ。

梅雨入りしたのに、雲ひとつなく、とっても暑かった土曜日の午後。
懐かしいかき氷を懐かしい場所でいただき、早めの夏満喫☆
[PR]
by mi-mian | 2007-06-17 22:56 | *うれしいお散歩
携帯の中の☆猫
a0076457_11294515.jpg
ふらふらとほんとにご近所へ散歩。
カメラを持たずに、携帯とお財布を入れて。
そんな時に限って、猫たちによく会います。
こんな風に。

で、ついつい、携帯カメラでパシャリ。
そんな猫写真が、携帯の中にたくさん。
a0076457_1133227.jpg
作り途中の家の玄関付近にいた、
白靴下の猫くん。
階段のコンクリートには、しっかりと足跡(笑)
いいのぉ??

「いいの、いいの。気にするにゃ」
a0076457_11363140.jpg
遠くに見かけ、しつこく見ていたら、寄ってきてくれた、
口元にぽっちのついた、猫さん。
フェンス越しにご対面☆

「ふーん、あんた、こういう顔だったの」

って云われてるみたい.....。
a0076457_11385464.jpg
猫端会議に参加(笑)していると、
後ろで呼ぶような鳴き声が。
振り向くと、毛長の猫さんが、少し離れたところで
こちらを見てる。
わーいと思って近付くと、ぷい!っとそっぽを向かれた。
a0076457_11404356.jpg
お、怒ってる?私、何かしました?
猫さんってより、猫さまって貫禄ですね。

「ふん!よくもこの私を無視してくれたにゃ」

ってことなのだろうか、。どきどき。

十猫十色。
いろんな子がいるもんです。
携帯の中にしまっておいた猫さんたち、
定員オーバーのため、ここに放してみました☆
[PR]
by mi-mian | 2007-06-15 11:49 | *猫のこと
喫茶店の☆ホットケーキ
a0076457_2143498.jpg
ばば〜ん☆
二段重ねのホットケーキ。
いくつになっても、これを目の前にすると
うれしくなっちゃいます。
フォークとナイフ、そしてメープルシロップ。
ああ、幸せ。

『Dali cup』という喫茶店のホットケーキセット550円。
錦糸町にある、この喫茶店。
錦糸公園という公園のすぐ横にあり、
外観と、サイフォンコーヒーの看板が気になっていたんです。
入ってみると、ふふ、お洒落なんだけど、
どこか下町〜なお店。
テレビついてるし、新聞や漫画まであるし(笑)
a0076457_2152182.jpg
珈琲は流石、サイフォンでいれた珈琲、美味しい!
ホットケーキは、そうそうこれ!の、懐かしい味☆
窓際の席に座り、公園の緑を眺めながらのんびり。

それにしても、何故、
『Dali cup(ダリカップ)』って名前なの?と
珈琲のカップをよくみると.........
a0076457_21571025.jpg
.........画家のダリらしき人が、カップに入ってる!!
店主がダリ好きなのかしら??
でも、このセンス、いいです、楽しくって(笑)

昔ながらの喫茶店でホットケーキを食べる。
大人な気分は置いといて、
子供の頃の気持ちで、思いっきり、はしゃいじゃいましょう☆

「おいしそーーーーー☆」


★お店の情報★

■Dali cup
★MAPはこちら(だいたいカーソルの辺りです)


[PR]
by mi-mian | 2007-06-13 22:10 | *うれしいカフェ時間