<   2008年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
益子陶器市☆戦利品
a0076457_17471883.jpg
昨年、さんざん迷って、やめてしまったもの。
それを求めて、今年も行ってきました。
2008春の益子陶器市>へ。

(昨年の記事はコチラから)

さて、求めていたもの、それは『後藤義国』さんのポット。
昨年、あまりの種類の多さに、迷ったあげく、
結局やめてしまったのだけれど、やっぱり気になって。
でもね、この作家さん、とても人気があり、
昨年は、迷うほどあったポットが、
今年4月28日、開催から3日目にして、
既に大きな作品と、小さなものも数点しか残っておらず。

うはは、これには参りました。

「や〜、もう殆ど残ってなくって。せめて、飴でも!よかったら」

と、フルーツキャンディーをいただいちゃいました(笑)
キャンディーを舐めながら、残っていた作品を拝見し、
2つだけあった、少し小振りのティーカップを手に取ったら、
うん、なんだかいい感じ。

「これ、四角いけど、中は丸なんですよ〜
 みなさん、これ、何処から飲むの?って聞かれるけど、
 何処からでも大丈夫です。
 でも、気が付くと、ハジッコから飲んでるんですけど(笑)」

結局、我が家へ連れ帰り、珈琲を。
あれ?でも、ほんと、気が付くと、はじっこから飲んでる(笑)
おしゃる通りです☆
a0076457_1810512.jpg
そして、もちろん、戦利品はティーカップだけではなく。
こちらは、一目惚れした杯。
『宇田川 勉』さんという作家さんのもの。
昨日、絶対お酒飲みましたね?という雰囲気のおじさま(笑)
杯を手にしながら、主人とふたり、日本酒の話をしてたら、
「飲むんですか?」
「や〜、飲みますね〜」
「こっちの方がいっぱい入りますよ〜」
なんて、盛上がり、楽しくおしゃべりさせてもらいました。

ひとつひとつ、違うのも、手作りのいいところ。
ゆっくりと、時間をかけて、このふたつを。
ちょっと黄色がかった色合い。
美味しくお酒をいただくのも、よし。
ちょっとした、おつまみを入れるのも、よし。
ちなみに、お値段は、ふたつで1000円ちょっと。
a0076457_18351568.jpg
益子焼、わたしは粉引きが好きなので
ついつい、白くぽってりとしたものを選んでしまうんですけど。
今回は、ちょっと違うものも。
『片岡 文尾』さんという作家さんの湯飲み。
特価500円!と書かれていたのも魅力だったけど、
色合い、形、はじめに見て、気に入ってしまい、
やっぱり、最後には購入してしまった。

たくさんお茶を飲むわたしにぴったりな大きさ。
ころんとしたフォルムは、手に馴染んで、
驚くほど、口当たりがいい。
家でお茶をいれ、口をつけた瞬間に、
わわ!すごい!!って叫んじゃったくらい(笑)
a0076457_18465756.jpg
後藤さんのポットは逃しましたが、他のブースで、
急須はしっかりとゲットしてきました(笑)
お値段2000円、おまけで1800円。
見てるうちに、どんどん好きになっていった急須。
赤い土の色合いが、やさしくいい雰囲気。
たっぷりとお湯が入り、長めの注ぎ口はとっても注ぎやすい。

お値段もお得だし、これに出会うために、
後藤さんのポットは売り切れだったのかも。
なんて思っちゃうくらい(笑)


今回の益子陶器市の戦利品たち。
しっかりとお米のとぎ汁で煮沸して、
大切に、でも、たくさん使ってゆきましょう☆


*GWにいかれる方へ、ご参考までに*

益子陶器市は、毎回、だいたい同じ場所に、
同じ方が出店なさっているようです。

『後藤義国』さんは<ほっとるーむけやき>の近くの
公衆トイレの横の道を入った、一番奥のブース。

『宇田川 勉』さんは<じゃりん小径>の中の、真ん中左手のブース。

『片岡 文尾』さんは<共販センター>を出て、道路を渡った広場のブース。

会場MAPは、現地のお店などに置いてあり、
簡単に入手できますのでご安心を☆
駐車場はだいたい、どこでも1日500円くらいです。
とても混雑するので、朝早めがオススメ。
基本的に9時〜ですが、早くに開いているブースもあります。
ちなみに、わたしたちは朝8時に到着。駐車場は余裕でした(笑)


[PR]
by mi-mian | 2008-04-30 19:35 | *うれしい物
花盛りの☆お裾分け
a0076457_13531124.jpg
「今、うち、花盛りなのよ。見にいらっしゃい」

自慢げに、母が何度も云うので(笑)
じゃあ、と、実家に行ってみた。

部屋の中には、まず3つの大輪の純白牡丹。
そして、ベランダへと続く窓を開けると、
おおでまり、こでまり、ライラック。
うーん、確かに、見事☆

葉っぱだらけの我が家とは大違い。
こんなに咲いているのならば!と、お裾分けをねだってみた。

「あら、いいわよ~」

これまた自慢げに(笑)、花鋏を持って、ベランダへと消えた母。
そして、花の枝を数本持ってきて、分けてくれた。
ふっふっふ。これで我が家も花盛り確実?

家に帰り、早速、玄関に、ちょっと和風アレンジ。
少し緑がかっている花が<おおでまり>
白く小さな花が<こでまり>
自然の光が入らない玄関が、ぱっと明るく輝く☆
a0076457_14101218.jpg
さらに<おおでまり>を一枝、
日本酒の空壜に挿して、テーブルの上へ。
この日本酒の壜、もちろん壜に惹かれて、
かなり前に、仙台松島で購入したもの(笑)

椅子に座って眺めると、綺麗な緑の花に、心が華やぐ。
a0076457_14135931.jpg
それから、<こでまり>と<ライラック>も、
オリーブオイルの空壜へ挿してみる。
横に流れる、白いこでまりと、明るい紫のライラック。
レースをあしらうと洋風に。
鉄瓶の隣に並べると、和風に。
ふふふ、なんだか楽しくなってきた。

さあ、部屋の中を見渡せば、見事に我が家も花盛り☆
花盛りのお裾分けで、うれしいお部屋の出来上がり。
[PR]
by mi-mian | 2008-04-25 14:38 | *うれしい物
ちいさな☆手作り
a0076457_225815100.jpg
パソコンが壊れて1週間。
パソコンのある生活に、すっかり慣れてしまっていたことを
改めて実感した、1週間。

でも、わたしのMacさんは、未だ、直ってない。
ただ、幸い、中にあったデータは、専門の業者さんに
無事に取り出していただき、今日、手元に届いた。
感謝!リカバリーサーヴィス!
そしてまた、今度は修理に出さなければ~なんですが。

そんな1週間の間、なんとなく、いつか手作り市にでも
出展したいもんだ、なんて考えていたことを思い出した。
なので、パソコンからちょっと離れていたこの週に、
ちいさな手作り品を、1点、手はじめに作ってみた。
なんだか分かります?
a0076457_23105137.jpg
真ん中のブルーのポッチを、
びよ~んと伸ばすと......
はい、そうです、ちいさな針刺し☆
真ん中のは、マチバリなのでした。
まだちょっと、手を加えようかな~と思案中。

使った布は、いろんなものを作ったときのハギレたち。
ちいさくたって、立派に活躍してくれるから、捨てられない(笑)
そんなハギレたちを、また誰かが使ってくれるように、
こんなちいさなものたちに変身させて、
いつの日か、手作り市に並べられたらいいな。

そんな夢をみて、ブルーな気持ちがちょっと薄まった
ちいさな手作り☆


PS
ものの試しに、主人のパソコンから更新してみました☆
でも、写真の扱いが今一歩上手くゆかず.....
まだ、自分のパソコンが直っていないため、
更新&皆様のところへ遊びにゆくことは、毎日は出来ませんが
Macさんが復活するまでは、
のんびりと、お付き合いいただけるとうれしいです☆

[PR]
by mi-mian | 2008-04-23 23:35 | *手作りのこと
*おしらせ*
なんと、何の前触れもなく、
パソコンが壊れてしまいました・・・・・・

あるんですね、こういうことって。
ウントモ、スントモイッテクレマセン。
とりあえず、今日から入院となるわたしのmacさん。
無事、直って帰ってきてくれるといいなあ。

というわけで、少しの間更新が出来なくなると思います。
主人のパソコンくんを借りて、
皆さんのところへは遊びにゆけると思うんですが、
わたしはmac、主人はウィンドウズなので、使い勝手が・・・・
でも、この際だから、がんばって慣れてみようかしら(笑)

無事にmacさんが復活してきたら、ご報告します。
中に入ったままの、写真画像とか、いろんなデータとか。
それらも無事でいてくれることを祈るばかりです~~!
[PR]
by mi-mian | 2008-04-16 09:41
もずくと☆海老丸
a0076457_17505013.jpg
<もずく>
いやいや、海藻ではなくて、この猫の名前です。
数年前、我が家のマンションの前に
捨てられていた猫。
とても人なつっこく、ひっかくことはあまりない。
あんこさんに柄が似てるので、
一度、ご近所さんが、

「お宅の猫ちゃん、脱走してない?」

と、もずくを抱きかかえてつれてきたことも、ある。
a0076457_17525974.jpg
<海老丸>
もずくよりも少し後、わたしの実家の前に
捨てられていた猫。
毛がぼろぼろになり、おじいちゃんのような風体だった。

この2匹、なんと、今は妹夫婦の家にいる。
旦那さんがとても猫好きで、それぞれ連れて帰ったのだ。
なんとも、縁のある猫たち。
海鮮な名前をもらい(笑)、幸せそうに、
そして元気に暮らしている。
a0076457_1802888.jpg
ただ、両者の距離は、微妙(笑)
性格も全く違うので、しょうがないかも。
それを見てるのも、楽しい。

はじめは、びくびくとしていた猫たち。
今はゆうゆうと、来客にも物怖じしない。
この家にいていいんだということを、
自分達は愛されているんだということを、
実感できたのかもしれない。

もずくを家に置くことが出来なかったのもあって、
妹夫婦の家族になった、この2匹を見てると、
とてもうれしくなる、わたしなのです☆
[PR]
by mi-mian | 2008-04-14 18:24 | *猫のこと
変わらぬ☆美味しさ
a0076457_22374262.jpg
ぐるぐるぐると、渦を巻いたクッキー。
小さな頃、ここのクッキーが大好きだった。
今は、いろんな所のお菓子が簡単に手に入り、
そんなに食べなくなってしまったけど、
やっぱり、美味しいなあと思う。

ヨックモック>のクッキー。
さくさくとした、軽い食感が、小さな頃から大好き。
ぐるぐると渦巻きのクッキーは『シガール』
小さな頃、煙草のようにくわえて遊んだなあ(笑)

中にチョコレートを挟んだ、ラングドシャのような食感の
『ドゥーブルショコラ』も大好き。
a0076457_22451626.jpg
久しぶりにヨックモックのクッキーをいただいた。
シガールは、紅茶の葉入り。
丁寧に、ロイヤルミルクティーをいれ、
さくっと食べる、久しぶりのこの食感。

ふふふ、懐かしく、変わらぬ美味しさ。
長い時間を経ても、変わらない美味しさってうれしい。
さくっと食べると、懐かしい記憶も蘇る。
そういう食べ物って、ありませんか?
[PR]
by mi-mian | 2008-04-12 23:08 | *うれしい物
黒猫の☆クロくん
a0076457_1844880.jpg
黒猫を、飼ってみたかったんです。
赤い首輪をつけたら、かわいいだろうな〜って。
そして、まだ、結婚前、この猫と出会って、
ついつい、家に連れて帰ってしまった(笑)

More*
[PR]
by mi-mian | 2008-04-10 18:27 | *猫のこと
季節はずれの☆海
a0076457_1556101.jpg
まだ、泳ぐことができない。
風もまだ、少し冷たい。
海水浴場へゆくのは、いつもそんな季節。

久しぶりに行った、千葉の九十九里で、
海からのお土産をもらってきた。
汗ばむ季節にも、海を楽しむために。
そのころ、海は人でいっぱいになるんだろうな。
わたしは、このお土産から、海の風を感じようと思う☆
(ヒトゴミガニガテナノデ・笑)
a0076457_1635374.jpg
以前は、季節はずれでも、海の家があった。
今は、違法だとかで、ナニモナイ。
季節はずれに、サムーイっていいながら、海の家で食べる、
焼きはまぐりとやきそばが好きだったのになあ。
a0076457_16183620.jpg
季節はずれの海、
サーファーと、散歩にきている人たちが、少しだけ。
海の広さを感じるには、もってこいナノダ。

海の家の代わりに....
[PR]
by mi-mian | 2008-04-09 16:43 | *うれしい物
至福の☆珈琲時間
a0076457_13355089.jpg
金曜日の出来事。

すてきな葉書が届いた。
YAMA COFFEE>さんから、出張喫茶のお知らせ。
見ると、土曜日に三軒茶屋で、とのこと。
わわ、明日かあ。

人間ドック再検査の結果が、
『なんともなかったです!』のお知らせ手紙も届いた。
よかった、よかった。

これは、お祝いがてら、行くしかないかな(笑)
あまりよく分からぬ三軒茶屋へ。
a0076457_13435670.jpg
イベントが行われていたのは、
RAIN ON THE ROOF>というカフェ。
かなり、細い道の2階にある、このカフェ。
これは、ひとりだったら、確実に迷ってる(笑)
白くRAIN ON THE ROOFと書かれた、大きなガラス扉。
ガラリ、と開けてみると、すぐに階段。

どきどきしながら上がってみると、
天井の高い、ゆったりとした空間に、さくらの木が。
なんてステキな場所なんでしょう。

席に着き、イベント用です、と手渡されたメニューの他にも、
ランチメニューがあって、なかなか美味しそう。
でもでも、珈琲をいただきにきたのだから!
『YAMA COFFEE セット』を!
奥を見ると、YAMA COFFEEさんが、珈琲を入れている。
壁の棚には、イベントの絵はがき、小物、お菓子が並んでる。
中央にはオープンな厨房が。
なんだか、ちょっと、不思議な空間。
a0076457_13544487.jpg
セットのお菓子は、きれいなお花の和菓子。
わたしの前には、小さな薔薇。
「うわ!かわいい!」って思わず声に出しちゃった(笑)

和紙の葉っぱは村松さちえさんという作家さんのものらしい。
ほんのり色付いた和紙の葉っぱ。
色合いがやさしく、とってもステキ。
a0076457_1352972.jpg
ふわり、いい香りとともに運ばれてきた珈琲。
この日は和菓子ブレンドだそう。
お味は、さっぱりとしているけれど、しっかりとした味わい。
こういう珈琲ってなかなかお目にかかれない。
流石、和菓子によく合います。
うーーん、文句なく、美味しい☆

居心地のいい空間と、美味しい珈琲&和菓子。
ああ、至福の時間に、まったり。

YAMA COFFEEさんと、ちょっとおしゃべりもして。
至福の珈琲時間に、大満足な、金曜日。


*ちなみに、このステキなDMのイラストは
 <MIA>さんとおしゃるアーティストの方のもの。

★お店の情報★

■RAIN ON THE ROOF
東京都世田谷区三軒茶屋2-14-22 2F
TEL.03・3487・8811
OPEN/11:30〜23:30
定休日/日曜日
★MAPはこちら(赤い印の辺です)


[PR]
by mi-mian | 2008-04-08 14:23 | *うれしいカフェ時間
さくら市川散歩☆その4
a0076457_13122022.jpg
大きなお寺。
猫も堂々と歩く。
人も猫も、さくら参り。



*中山の☆法華経寺
さて、まだ時間はありそう。
じゃあ!折角だから、と、市川真間から京成線に乗り、中山駅へ。
a0076457_13151272.jpg
駅を降り、踏切を渡ると、参道が。
参道の先にある<法華経寺>は大きなお寺なのだとか。
ゆるやかな、お店の並ぶ坂道を登ると、
大きな門がお目見え。
門の横には、落ちてしまったのか、さくらの枝が。
ふふ、やさしい心遣いだなあ。
a0076457_13185622.jpg
さらに横には、お昼寝中&主人待ちな犬。
早く帰ってきてくれるといいねえ。
門をくぐると、桜並木がお出迎え!(一番上の写真)
左手には、小さなお寺さんがたくさん。

てくてくと進んでゆくと、
本堂近くのお茶処の硝子戸越しに、団子になって眠る、
猫たちを発見!!
うう、中に入りたいけど、お腹はイッパイ。ザンネン.....。

さて、ここは、赤い五重塔が有名らしい。
猫のいるお茶処を泣く泣く後にすると、正面に、見えてきました!
a0076457_1329823.jpg
おお〜、思ったよりも、大きく立派。
さくら色が映える赤い塔。
その横には、これまた、結構大きな大仏様。
こんな場所に、こんなに大きく立派なお寺さんがあったんだ。

境内はとっても広い。
そして、こんな重要文化財も。
a0076457_1335538.jpg
<法華経寺四足門>(写真左)というらしい。
鎌倉の愛染堂にあったものを、この地に移したとされる、
室町時代後期の門なんだとか。
本堂(写真右)も大きく美しい造り。
うーん、あなどれない場所です。



*猫たちの☆法華経寺
門を堪能した後、ふと、振り返ると、あ!!!
a0076457_13401150.jpg
ねー、土足禁止って書いてありますよ(笑)
当たり前のように、階段を上り、くつろぐ猫さま。

「ナニカ?」

いいえ、なんでもないです.....。
土足ずかずか猫にお別れし(笑)、
階段を下り本堂横へ出ると、あ!!!
a0076457_13434899.jpg
またまた、立派な猫さんが。
近寄っても、まったく動じず、モデル立ち。
かっこいいねえ。

「トウゼン!」

でも、ふぁ〜〜〜〜な大あくび、目撃しちゃったわ(笑)

「ドウゾ、ゴナイミツニ」

さあて、そろそろ帰宅時間です。
参道をのんびりと戻ると、またまた!!!
a0076457_13475161.jpg
何をやってるのかと思えば、
お水を飲んでたのね〜。

「ミタ?」

うん、見てしまいました。
ちょっとおとぼけな顔がかわいいね。

「アンガトニャ」

高い声でひと鳴き☆
さー、門をくぐって......くぐ.......あ!!!
a0076457_13504297.jpg
今度は毛足の長い、洋猫さんが。
ああ、なんて猫もりもりなお寺なのかしら。
しかも、みんなご飯をもらえている様子。
このお寺のイメージ、すごく良くなってしまった(笑)

ささ、今度こそ、ほんとうに時間がない。
後ろ髪をひかれつつ、家へと、帰りましょう。



その4*終わり
【さくら市川散歩*完】

[PR]
by mi-mian | 2008-04-07 13:54 | *うれしいお散歩